精力剤の成分

アラキドン酸|成分紹介

投稿日:

アラキドン酸とは?

アラキドン酸は脂肪酸の一種で、リノール酸が体内で変換されて形成されるものとなります。

オメガ6の不飽和脂肪酸に分類されており、必須脂肪酸という性質が健康の分野において注目が集められています。

必須脂肪酸には、生命維持をつかさどる脂肪酸として位置づけられています。

この物質を体内へ取り込むには、リノール酸を摂取することが求められており、普段通り肉や魚を食べているだけで十分補うことができます。

中でも、ベニバナやコーンから採取される油には、多く含まれています。

アラキドン酸の効果

アラキドン酸の効果には、必須脂肪酸という性質上、細胞膜やホルモンの生成などに大きく関係します。

EPAやDHAの合成にも関与しており、中性脂肪の低下・血小板凝集の抑制に機能されることで話題となっています。

脳に代表される神経組織に多く含まれていることから、アルツハイマー病の予防にも効能があることが確認されています。

他にも、この物質には血液の凝集を調整する働きがあり、血小板を凝集する反面、必要に応じて凝集を抑える二面性を持ち合わせています。

アラキドン酸が配合されている精力剤

アラキドン酸と精力との関係には、不飽和脂肪酸の特質に大いに相関されます。

実際、ペニスの勃起には大量の血液が循環されて起こるもので、血液サラサラ(浄血作用)の効能は存分に発揮されたと言っても過言ではありません。

実はこの物質、精力食材の代名詞とも言えるスッポンに多く含まれており、精力が旺盛になるばかりか、美肌効果や貧血予防・浄血作用などの健康に大きく貢献しています。

先述の通り、リノール酸を摂ることが第一条件となるため、過剰摂取しない限り食物で十分カバーできる物質になります。

-精力剤の成分

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.