精力剤の成分

オルニチン|成分紹介

投稿日:

オルニチンとは?

オルニチンは体内に存在している非必須のアミノ酸です。

必須アミノ酸ではないので、体内で生産されます。

ただしその生産機能は、年齢を重ねるごとに低下していくので、食べ物などで補うことは必要です。

その最大の特徴としては、肝臓の機能を助けると言うことが挙げられます。

更に体の新陳代謝に対しても作用を持っているのも、成分としての特徴です。

この成分が多く含まれている食品としては、しじみが挙げられます。

お酒の後にしじみ汁を飲むのが良いと言われているのも、しじみに含まれるこの成分により、アルコールを代謝する肝機能が促進されるためです。

オルニチンの効果

オルニチンの効果ですが、ひとつは肝機能の促進が挙げられます。

肝臓は、アルコールや薬、更には疲労の原因にもなるアンモニアなどを解毒し、分解している臓器です。そのため肝臓の機能が低下すると、アルコールが残りやすく二日酔いに悩まされたり、アンモニアが溜まることで疲労の蓄積が起こりやすくなるとも考えることができます。

そのため、この成分を摂取することは、こうした状態を改善することに良いと言えます。

また新陳代謝を促進する作用もあるので、それによって肌トラブルの早期改善なども期待することができます。

オルニチンが配合されている精力剤

疲労があれば、精力には大きな影響が出てきます。

また肉体的疲労と言うのは、精神的な疲労にもつながりやすいことです。

そのためオルニチンには、疲労を回復させる作用によって精力を前向きにさせる、改善させることに対しての効果が期待できます。

また代謝の促進に関しては、成長ホルモンの分泌を促進するためと言う理由があります。

そして成長ホルモンの分泌も、精力の維持には欠かすことができないことです。

よってこの面から見ても、この成分の摂取は精力に良い作用をもたらすと言うことができます。

-精力剤の成分

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.