精力剤の成分

カルニチン|成分紹介

投稿日:

カルニチンとは?

カルニチンはアミノ酸の一種で、体内ではそのほとんどが筋肉細胞に存在しています。

脂質の代謝に使われる成分で、脂質をミトコンドリアに運び燃焼させエネルギーに変える役割を持っています。

多く含まれる食材はヤギ、ラムといった赤身肉で、他にも牛乳や魚、牡蠣など動物性の食品から摂取できますが野菜にはほとんど含まれていません。

食事で取った場合は腸管で吸収されますが、元々体内でも作られる成分のため食事やサプリから過剰摂取になると腎臓を通して尿となって体外に排出されます。

不足している場合には代謝が落ち、低血糖症などを引き起こす原因になります。

カルニチンの効果

カルニチンは運動前に摂取するのが有効で、ダイエットには欠かせない要素です。

運動による筋肉のダメージを防ぎ、疲労軽減や回復に効果を発揮します。

運動の種類としては酸素を多く取り込むウォーキングやヨガなどの有酸素運動が適しています。

激しい運動を行うと尿からの排出が増えるため適度に補給が必要です。

また脂肪酸を細胞内にあるミトコンドリアの中に運び入れ燃焼させるだけでなく、反対にミトコンドリアから有害物質を運び出し体内に蓄積されるのを防ぐ役割があります。

カルニチンが配合されている精力剤

脂肪燃焼によるダイエットの効果に関して言えば、肥満による精力減退の影響は大きいため体質改善による精力回復が見込まれます。

また精子のミトコンドリアにも大きく影響を与えるため、精子量や運動量を高め無精子症の改善にも効果があります。

勃起不全の場合にでは、男性器には海綿体という血液の集合体が組織の90%を占めており、カルニチンが陰茎内部の海綿体の成長を促すことと血流を上げることにより精力回復にも大きな影響があります。

-精力剤の成分

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.