精力剤の成分

ケルセチン|成分紹介

投稿日:

ケルセチンとは?

ケルセチンはポリフェノールの一種です。

ではポリフェノールとは何かと言うと、これは植物の苦味や渋味、色素などのもととなっている化学物の総称です。

いくつかの種類があり、その種類によって多く含まれている植物は異なりますが、この種類の場合はタマネギの皮の部分に多く含まれています。

ところでタマネギの皮を利用して染色をすると言う工法がありますが、これは、この成分が色素として黄色を有しているためです。

よって古くから、生活の中で自然と利用されてきた成分とも言えます。

ケルセチンの効果

ケルセチンの効果としては、強い抗酸化力を有していることから、活性酸素による体の錆びつきを防ぐことができると言う点が挙げられます。

血管や細胞などの酸化を予防することが期待できるので、老化現象や疾病の予防にも良い作用が期待できます。

また赤血球の働きを活性化させることにも良いと言われているので、血流の促進も期待できることです。

更に抗炎症作用も有しているため、関節痛の緩和にも良いとされています。

軟骨を作る成分と一緒に摂取すると、この作用はより高くなると言われています。

ケルセチンが配合されている精力剤

活性酸素により血管が傷つけられると、また赤血球の働きが低下すると、血流は滞りやすくなります。

精力の機能的な面が果たされるためには、血液がスムーズに流れることが必要ですから、そうした面からケルセチンは勢力に良い作用をもたらすことが期待できます。

また血流がスムーズだと、全身の代謝も上がりやすくなり、エネルギーも生み出されやすくなります。

そうすると体力面、気力面においても充実してくるので、これも精力にとっては良い影響をもたらすと言えます。

-精力剤の成分

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.