精力剤の成分

フェルラ酸|成分紹介

投稿日:

フェルラ酸とは?

フェルラ酸は、ポリフェノールの一種でありフィトケミカルと呼ばれる植物中に存在している天然の化学物質として細胞壁などに存在している有機化合物と、ケイ皮酸と呼ばれる芳香族不飽和カルボン酸に分類される有機化合物の誘導体で構成されているものです。

細胞壁の中でリグニンと多糖を繋ぎ合わせる役割があり、米・小麦・コーヒー・りんご・オレンジなどの種子の中にも見られる成分です。

医薬品や食品そして化粧品など広範囲で使用されています。

フェルラ酸の効果

フェルラ酸の特徴のひとつである、抗酸化作用によって酸化防止の為にお菓子やデザートにも使用されます。

また、脳機能改善や高血圧改善にも期待され、最近では軽度であればアルツハイマー病の症状改善にも注目される成分です。

神経細胞が傷つき細胞が死んでしまう前に修復する効果があり、脳が活性化され記憶力の向上作用もあります。

活性酸素や紫外線の影響により細胞が攻撃され肌の老化が進みますが、細胞の保護をし若々しさを維持する働きもあります。

フェルラ酸が配合されている精力剤

様々な効果が期待できるフェルラ酸は、精力剤としても使用される事があります。

活性酸素を安定させる事により、無害化しその働きを抑制させます。

即効性は期待できなくても、摂取をし続ける事により体の巡り機能を正常化し、健康効果により精力のアップが期待できます。

抗酸化力の他にも、成長ホルモンの分泌を促進し、コレステロールを低減させ体内を整えてくれます。

女性用の精力剤にも配合され、女性ホルモンを活性化させ敏感な体に導きます。

-精力剤の成分

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.