精力剤の成分

グレープシード|成分紹介

投稿日:

グレープシードとは?

グレープシードとは、果物のブドウから取り出した種子のことです。

日本においては甲州種の品種が古くからありますが、西洋における歴史はもっと古く、ペルシャ時代にまで遡ります。

種子からエキスや油分を抽出して、食用や薬用として使われてきました。

オイルは植物油の一種としても分類されており、オリーブオイルとともに風味が良好です。

種子は化粧品の原料としても使われるため、ブドウには無駄になる部分がほとんどありません。

グレープシードの効果

ブドウの果皮の部分と同様で、グレープシードにもポリフェノールが多く含まれているため、抗酸化作用の効果も期待できます。

この抗酸化力の強さは、ビタミンEやビタミンCを大幅に上回っていますから、アンチエイジングのために使うことは理にかなっています。

さらに、悪玉コレステロールの影響を軽減して、善玉コレステロールの働きを補佐する機能も持っています。

このおかげで、動脈硬化などの生活習慣病予防においても役立つことになるわけです。

グレープシードが配合されている精力剤

グレープシードに含まれているポリフェノールは、体の老化物質に働きかける性質があるため、精力に対しても良い影響を与えます。

動脈硬化の予防に有効ですから、血管年齢を若くして、丈夫な血液を全身に届ける役割も担ってくれます。

この恩恵によって、精力を減退させる要素がなくなり、体全体の自然治癒力も高まる仕組みです。

血流がよくなると同時に、全身の冷えを発散することで、体の隅々にエネルギーを行き渡らせることもできます。

-精力剤の成分

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.