精力剤の知識

精力回復する方法|精力増強には?

更新日:

精力回復でお困りですか?

副作用

最近は20代でもストレスで精力減退し、精力回復しにくい人が多くなっています。

「勃起力をアップして男らしくしたい」

  • 勃起力を上げる
  • ペニスを大きくする
  • 精子を作る

など、男性機能の役割は精力回復のなかでも、男性ホルモンのテストステロンと言われる性ホルモンが行っています。

 

男性のペニスの大きさは色々ありますが、これもテストステロンが一番分泌されていた、思春期の時の分泌量で変わってきたのです。

いま、精力回復にお困りなら、男性機能を上げるためのテストステロンを増やせば、精力回復することが可能です。

実際にAVの男優も、60歳、70歳になった男性もテストステロンを上げて、

精力回復をすることで毎日女性とセックスをしている人もいます。

 

このページでは、精力を回復するための正しい方法をご紹介します。

精力回復の大きな役割|テストステロンについて

バイアグラ

男性ホルモン(テストステロン)は男らしさを作るホルモンの一つで、20代を過ぎると減少していきます。

それにあわせ精力減少していき、肥満ややる気、生活習慣病にまで影響があります。

テストステロンの分泌量が減れば、セックスする気もなくなり、勃起不全(ED)となってしまうのです。

 

テストステロンは20代を過ぎると減ってしまうと説明しましたが、それ以外にも

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 飲酒や禁煙

 

このようなことでも減ってしまい、とくに精神的なストレスで一番多く減ると言われています。

 

加齢(老化)

テストステロンのピークは20代と言われ、そこから徐々に低下していきます。

しかし、テストステロンの量は人それぞれなので、量が多い人もいれば少ない人もいます。

 

テストステロンの回復が、セックスしたいと思う気持ちにもなり、ED改善となります。

ストレス

精神的なストレスで、テストステロンは減少してしまいます。

テストステロンが減少する最も多くはストレスと言われています。

食生活の乱れ

現代の食生活は、脂質をとりすぎ、血液の中性脂肪と悪玉コレステロールのLDL-コレステロールを増加させ、肥満になりやすい人が多いようです。

脂質をとりすぎは、メタボリックシンドロームとなりやすく、動脈硬化や心筋梗塞などとなるため突然死の原因となります。

飲酒や禁煙

お酒を飲み過ぎると、肝臓の病気(脂肪肝、肝硬変)になります。

脂肪肝の状態であれば、お酒を飲むのをやめれば治すことが出来ますが、そのまま飲酒を続けると、自覚症状が出て肝障害の末期の肝硬変になります。

 

たばこの場合は、全身の病気のリスクを高める原因になります。

自分だけではなく周りの方にも迷惑をかけるので、なるべく吸わない方が良いでしょう。

がんはもちろんですが、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、胃潰瘍、肺炎・・・

など、全身の病気のリスクを高めるのです。

精力回復するには?食べもの?サプリ?

男性は仕事が忙しくなる年代になると、精力減退が気になる方が増えてきます。
ちょうど30代くらいから減退を実感する方が増えてくるので、それに備えて対策をしておくのがよいでしょう。

ペニスの立ちが悪くなってきても、すぐにED治療薬は必要なく、精力増強する方法があります。
まずは副作用のない健康食品を試して、対処できない場合のみ薬を使うとよいのです。

精力回復サプリとして人気の商品にはヴィトックスαがあり、いずれもサラサラ成分であるシトルリンを配合しています。

精力回復できるヴィトックスαの効果

精力剤サプリ

精力回復サプリのヴィトックスαは下半身を元気にしてくれるアミノ酸配合の精力剤です。

ヴィトックスαは生活習慣病に由来するドロドロを解消、勃起力改善にも役立ちます。

ドロドロが気になる年齢は30~40代くらいで、代謝の低下も大いに関係しています。

代謝が低下するほど体脂肪が溜(た)まりやすくなり、血液も汚れてくるものです。

血液の汚れは毛細血管への血流を悪化させるため、末端が冷えてくるわけです。

足先が冷えてしまう理由として、心臓から最も遠い位置にあることがあげられます。

心臓のポンプ作用が十分に届かないため、足先から冷えてくるのです。

 

下半身の場合も同様に、血流ドロドロからEDが始まることは少なくありません。

EDは生活習慣病と言われるほど、生活習慣が密接に関係しています。

規則正しい生活を維持している方は、EDになる確率は低いのです。

肥満や糖尿病、高脂血症などがEDの引き金となりやすいため、シトルリンをたっぷりと配合したゼファルリンとヴィトックスαで対策、改善していきましょう。

精力増強によい成分が複合的に含まれているので、精力回復、スタミナ回復、エイジング対策としても役立ちます。

下半身の機能が低下と感じたときは精力剤で精力回復!

下半身の機能が低下してきたと感じる方は、スタミナも低下していることが多いのです。

下半身は全身とつながっていますから、下半身だけ元気がなくなることは通常ありません。

EDを自覚している方は生活習慣病など、身体全体の不調を感じていることが多いのです。

スタミナを回復させることで疲れにくくなり、疲労性のストレスも抑えることができます。

ストレス過多に悩まされている方は、毛細血管を収縮させてしまう可能性があります。

心因性のEDという言葉があるほど、心の問題は下半身に影響するのです。

早漏、包茎などが気になって性行為に集中できない人、半立ちや中折れに悩んでいる人は多いものです。

 

ヴィトックスαの内容成分は基本的に精力剤と同じなので、スタミナ低下によるEDを解消するためにも役立ちます。

下半身の衰えに年代は関連があるのか?

20代

疲労・ストレスを感じやすい体質になってきたら、EDの前触れかもしれません。

早ければ20代から発症することもあるので、若いから大丈夫と考えてはいけません。

特に心因性のEDは性行為の失敗によって引き起こされることが多く、早漏を招く原因ともなります。

 

下半身の悩みというのは突発的に生じることは少なく、日々の生活習慣の積み重ねによって起こるものです。

不規則な生活は厳禁であり、特に食生活の乱れには注意してください。

食生活のバランスが崩れると必須栄養素が欠乏し、カロリー過多になって血液をドロドロにしてしまいます。

 

ヴィトックスαにはシトルリンを筆頭にして、様々な精力増強成分が含まれています。

ペニスの勃起力を高めることでサイズを大きくし、さらに射精時の快感もアップさせてくれるのです。

ED治療薬に頼らなくても勃起力を増強できますが、健康食品のため長期的に利用する必要があります。

一般的に実感できるまでには、3ヶ月くらい飲み続ける必要があるでしょう。

早ければ1ヶ月で実感できることも多いので、毎日目安量をコツコツ続けて、精力増強をしていきましょう。

精力剤がエイジング対策として心や体を若々しく保ってくれる

ヴィトックスα

精力剤はエイジング対策としてもおすすめで、身体を若々しく保ちたい男性にも最適なのです。

疲れやすい体質に変化してくると、急に老化も促進を始めることが少なくありません。

老化を抑えるためには疲労体質から改善していく必要があり、そのためにもゼファルリンとヴィトックスαが役立ちます。

シトルリンは血流をサラサラにすることで、全身を温めて免疫力を向上させるのです。

全身が温まることでデトックスが可能となり、身体にとって不要な物質を排出することができます。

毒素が蓄積してくると巡りが悪くなり、それによりさらに毒素排出を促進するという悪循環になるのです。

毒素は肥満・高脂血症などの原因ともなり、EDを促進させてしまいます。

精力剤を常に飲んでおきたい30代以上の年代

年代
男女を問わずに30代に突入すると、老化スピードの個人差が顕著になってきます。

30代で20代に見られる人と40代に見られる人では、10歳以上も見た目年齢に差が出てくるのです。

若々しい身体を維持するためには、サプリを利用して食生活で不足する栄養素を補っていく対策が必要です。

サプリは健康補助食品のため副作用はなく、長期的に飲むことができます。

時間をかけて体質改善をしたい方にとって、ゼファルリンとヴィトックスαは最適なサプリなのです。

若々しい身体を維持すれば、50代に突入しても薬に頼ることなく夜の生活を楽しめるでしょう。

人気の精力剤はどれだ?

体験レビュー

精力剤

 

成分の多いヴィトックスα!効果ありと言われる精力剤を飲んでみた!

評判が高い精力剤を飲んでみました!増大成分配合なので効果が楽しみ!実際の効果は・・・

半額セールのクラチャイダムゴールド!効果があるのか?

今回メーカーから半額セールで商品を購入した精力剤。その効果をご紹介

ギムロットαを体験!本当に効果はあるか?

精力と増大が出来る夢のようなサプリ!そんなサプリを手に入れることが出来たので、飲んでみました!

-精力剤の知識
-

Copyright© 精力剤Now!効果ある精力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2018 AllRights Reserved.