コラム

精力剤配合のアルギニンの効果!精力増強について

更新日:

アルギニンとは

アルギニンとは、アミノ酸の一種であり、精力剤にも配合されている成分です。

19世紀のドイツで発見され、古代ギリシャ語のアルギュロスからつけられています。

性機能の改善などに効果を発揮するなど、男性機能の強化にはなくてはならない存在となっており、これなしには語ることができないほど、必要不可欠な成分です。

これがどのような効果をもたらすのか、そして、どんな働きを見せるのか、そのあたりのことを知っておきたいところです。

 

アルギニンの働き(効果・効能)

即効性 精力剤

アルギニンの働きとして、血流の改善があります。アルギニンによって体内で一酸化窒素が生成されることになり、それが動脈硬化の防止につながり、活性酸素を排除する効果を持ちます。

そのため、老化の原因といわれるものをブロックし、改善に導いてくれる成分としてアルギニンは期待を集めている存在です。

この一酸化炭素は男性機能の強化にはなくてはならない成分です。

これが分泌されることにより、男性器を大きくさせることができるようになるからです。

精力が減退している人はこの成分が不足しており、アルギニンによってそれを補うことができます。

成長ホルモンの分泌にもつながり、そうした意味ではアルギニンは精力剤の基本といえるものです。

 

アルギニンはどれぐらい摂ればいいの?

では、アルギニンをどれくらい摂取すれば効果を発揮するのかですが、だいたい2000ミリグラムから4000ミリグラムと言われています。

これを食べ物に置き換えると、鶏肉をだいたい200グラム以上、海老は150グラム以上、毎日食べることになります。

アルギニンをすべて食べ物から摂取をしようと考えた場合、明らかに限界があるのは明らかです。

こうしたこともあり、アルギニンをサプリメント、もしくは精力剤で摂取をすることが求められます。

アルギニンを粉のまま飲もうとすると胃に多大な負担を与えるため、あまりおすすめはできません。

飲みすぎても影響が強いため、決められた摂取量の中で、そして適切な方法で摂取するのが大切です。

 

精力にはアルギニン

アルギニンは成長期に多く分泌され、成長に大きく寄与し、大人になってからは筋肉の維持、生殖などに用いられることとなります。

だからこそ、アルギニンが減ってしまうと免疫力が落ちてしまうなどのことや精力減退につながるため、注意が必要です。分泌のピークは10代であり、40代には半分になってしまい、それ以降はさらに減っていきます。

アルギニンの摂取が必要なのはこのためです。

アルギニンは男性器への血流を増幅させ、パワーアップに効果を発揮します。まさにアルギニンは活力源であり、これを常に欠かさないようにしておくことが大事です。

食事で補えない部分はサプリメントで補給することが大事であり、バランスよく摂取することが必要です。

 

アルギニンまとめ

 

長生きをする、健康に生きる上でもアルギニンは大事ですが、精力剤をチョイスする中で、アルギニンがどれだけ配合されているのかというのは極めて大事なポイントとなります。

もちろん、健康を害するほどアルギニンが入っていてもダメですが、摂取量に相当するものが入っているものであれば、その効果を確実に体感することができるようになります。

自然治癒力が改善され、免疫もつくようになり、ますます健康に暮らすことができるのもアルギニンの成果です。

そして、多く出回る精力剤を比較する際にはアルギニンを軸にして比較をすることが大事であり、それによって、質のいい精力剤を手にすることができるようになるため、そうした見方をおすすめします。

 

おすすめ精力剤(みんなチェックしているページ)

体験レビュー

精力剤体験レポート

 

ヴィトックスαの体験記事!効果は?飲んで調べてみました!

効果あり!と噂のヴィトックスαですが実際に購入して使ってみました!

クラチャイダムゴールドの体験記事!

勃起力が上がると言われ、飲んでみたクラチャイダムゴールド。実際の効果は・・・

ギムロットαレビュー

最近人気のギムロットα。効果もあると言われたので購入して使ってきました。

-コラム

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.