コラム

精力剤に入っているローヤルゼリーの効能|精力の成分事典

投稿日:

ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーとは、ミツバチの中の働きバチが体内で合成して分泌したとろみのある、乳白色の物質です。

しばしば勘違いされることがあるのですが、これはハチミツとは全く異なるもので、女王バチのえさとなる重要な存在です。

その原料となるのは花粉やハチミツで、その中には栄養分が豊富に含まれています。

女王バチは他のミツバチと比べて二、三倍も体が大きく、また寿命もかなり長いのですが、そのように特別な存在へと成長できるのは、その豊富な栄養分によるものなのです。

ローヤルゼリーの働き(効果・効能)

即効性 精力剤

ローヤルゼリーは女王バチを大きく、また長生きにするほど栄養価の高いものなので、人間にとっても色々な効果・効能が期待できる健康食品として昔から人気があります。

その効果・効能としてまず挙げられるのは、免疫機能を高めるという働きです。

それは強力な抗酸化作用があるためで、色々な病気を予防する効果と共に、見た目の若々しさを保つためのアンチエイジング効果も期待できます。

また、代謝を向上させる働きがあるとされており、近年大きな問題となっているメタボ体型を解消して、生活習慣病を予防できる効果も期待されています。

その他にも、女性に多く生じる冷え性を改善する、血圧を正常に保つ、悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を予防するなどの効果があると言われています。

 

ローヤルゼリーはどれぐらい摂ればいいの?

ローヤルゼリーは使用量を間違えると副作用の恐れが大きい、化学薬品とは異なる自然由来の健康食品だということで、これ以上取ってはいけないという上限がはっきりと定められているわけではありません。

ただ、ローヤルゼリーが生活習慣病の予防やアンチエイジングなどの、現代人が注目するような効果が期待できるものだからと言って、より大きな効果を期待して多くの量を摂ろうとするのは、栄養成分が吸収されずに排出されて意味がないだけではなく、お腹を下すなどの体調を悪化させる可能性があります。

そこで適正と言える量を知ることが肝心となるのですが、その目安となる量は大人で一日に500mgから3000mgと、かなり幅があるものとされています。

そのため、その範囲で飲み続けて行く中で、自分にあった量を見つけるようにすると良いでしょう。

 

精力にはローヤルゼリー

ローヤルゼリーに期待されている効果は、健康の増進やアンチエイジングだけではなく、少なくない数の男性にとって関心がある精力アップにも役立つとされているので、多くの精力剤の原料として使用されています。

ローヤルゼリーがなぜ精力を高めるために効果があるのかの理由としては、アミノ酸やビタミンなどの豊富な栄養素の力により、精力が弱まる原因となる疲労を回復させたり、アセチルコリンが男性ホルモンの分泌に関係する自律神経に作用したり、体内で発生すると精力を弱めてしまう活性酸素を除去したりといったものを挙げることができます。

そして、特に大事と言える理由としては、精子を作る働きを高めるとされる亜鉛が豊富に含まれているという点を上げることができます。

 

ローヤルゼリーまとめ

働きバチが女王バチに与えるために体内で生成するローヤルゼリーは、たいへん栄養価が高いために、人間にとっても役に立つ健康食品として人気があります。

そんなローヤルゼリーは、生活習慣病の予防を始めとする健康のためや、アンチエイジングという美容のために役立つと共に、多くの男性が気になることである、精力の増進の役に立つことでも有名です。

ローヤルゼリーの精力増進の効果は大きく注目されており、今では多くの精力剤に原料として配合されています。

ローヤルゼリーが精力増進に役立つのは、疲労を回復させたり、自律神経を整えたり、活性酸素を除去したり、精子をつくる働きを高めたりといった効果が期待できるからですが、あまり多くの量を摂ると体に良くない影響が出る恐れもあるので、適正な量を心がけることが肝心です。

 

おすすめ精力剤(みんなチェックしているページ)

体験レビュー

精力剤体験レポート

 

ヴィトックスαの体験記事!効果は?飲んで調べてみました!

効果あり!と噂のヴィトックスαですが実際に購入して使ってみました!

クラチャイダムゴールドの体験記事!

勃起力が上がると言われ、飲んでみたクラチャイダムゴールド。実際の効果は・・・

ギムロットαレビュー

最近人気のギムロットα。効果もあると言われたので購入して使ってきました。

-コラム

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.