コラム

黒胡椒の効果・効能について|精力の成分事典

投稿日:

黒胡椒とは

日本人にも馴染み深い調味料・コショウ。ラーメンはもちろん、さまざまな食材にかけることでよりおいしくいただけます。

白と黒とありますが、白胡椒は成熟したものの果皮を取り除いたもの、黒胡椒は緑色の未熟な果実を果皮ごと使います。

今は普通に手に入る手軽な調味料ですが、日本はもちろんヨーロッパでも育てることができなかったため、大航海時代にはそれをめぐっての争いが勃発したことも。手軽に食べられる今はありがたいことなのです。

黒胡椒の働き(効果・効能)

ヨーロッパ人がそれほど渇望したのはヨーロッパにはハーブ系しか存在しなかったから。

そんな中、胡椒を含めてスパイスたちは香りはもちろん、防腐や抗菌などの効果があり、冷蔵庫のなかった時代には大変重宝したのです。

今も、調理されたものだけでなく調理途中の肉や魚にふりかけるのは、香り付けや辛味付けという味の効果のみならず、臭み消しや防腐作用の意味もあります。

摂取することで栄養の吸収率アップや血行促進・食欲増進・ダイエット・アンチエイジング・免疫力アップ・高血圧の予防など人の体にも良い効果をもたらしてくれます。

ピペリンやカリウム・鉄分などの栄養素がこれらの効果効能をもたらすのです。

元気に美しく生活するためにもぜひ一振りしてください。

 

黒胡椒はどれぐらい摂ればいいの?

黒胡椒をどんぶり一杯食べるなんてことはなく、あくまでさっと一振りという摂取方法が一般的です。

取りすぎは胃腸への負担が大きいのでやめておいてください。

胡椒を含め、香辛料の多くは中国の薬膳的に見ると「極陰」。

一時的には体が熱くなるものの、その後ひどく冷やしてしまうのです。

冷えは体によくない効果をもたらします。

体温が0.5度下がるだけでも免疫力は大きく落ちてしまうため、さまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。

少量であれば香辛料も漢方薬に使われるものの、多すぎると逆に毒になるというわけです。

お料理にさっと一振りしている、その量で十分です。

効果効能を得ようとして、取りすぎるのはやめておきましょう。

精力には黒胡椒

普段の食事だけでなく、実は黒胡椒の成分を抽出したものは精力剤にも使われています。

黒胡椒というと独特な風味はもちろん、ピリッとした辛味も特徴ですが、辛味成分・ピペリンこそが精力剤にも使われる成分です。

ピペリンは、消化吸収を促してくれるだけでなく血液の流れを良くしてくれる作用もあるのです。

血管が拡張し血流が良くなることで精力増強・勃起不全改善に役立ってくれます。

現代男性が悩む背景には栄養不足が関係していることも。黒胡椒のピペリンは栄養吸収促進効果もあります。

ダイエットにもおすすめの黒胡椒ですが、肥満によっても精力は減退してしまうことも。

服用を続ければ男としての自信も取り戻せるし、体型維持も可能というわけです。

黒胡椒まとめ

今や当たり前に日本の食生活の中にある胡椒ですが、その昔は富や権力の象徴として歴史の舞台のさまざまな場面に登場してきたのです。

スパイス界の王様とも言える存在です。

日本では黒胡椒と白胡椒をバランスよくミックスして粉末状にしたものが一般的ですが、それぞれ風味も辛味も使い方も異なります。

粒の状態でも手軽に手に入るようになってきてはいますから、せっかくなら使い分けして、それぞれの良さを活かしつつ楽しんではいかがでしょうか。

うまく利用すれば更にお料理の味が引き立てられおいしくいただけます。

せっかくならより美味しく食べられた方がストレスも解消され、元気な毎日を過ごすのにより良い効果が得られるのではないでしょうか。

 

おすすめ精力剤(みんなチェックしているページ)

体験レビュー

精力剤体験レポート

 

ヴィトックスαの体験記事!効果は?飲んで調べてみました!

効果あり!と噂のヴィトックスαですが実際に購入して使ってみました!

クラチャイダムゴールドの体験記事!

勃起力が上がると言われ、飲んでみたクラチャイダムゴールド。実際の効果は・・・

ギムロットαレビュー

最近人気のギムロットα。効果もあると言われたので購入して使ってきました。

 

-コラム

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.