コラム

デキストリンの効果・効能について|精力の成分事典

投稿日:

デキストリンとは

デキストリンという名は知らなくてもデンプンというと分かるでしょう。

デンプンは、エネルギーの元となる炭水化物・すなわち糖質です。

ジャガイモやトウモロコシのデンプンを加水分解してできたものです。

最終的にはデンプンは麦芽糖に分解されるのですが、その中間段階です。

デンプンと麦芽糖のどちらに近いかで何種類も存在します。

離乳食などにも含まれていますが、自然由来の成分のため安心してください。

特定保健用食品としても許可されています。

デキストリンの働き(効果・効能)

炭水化物には糖質だけでなく食物繊維も含まれています。

デキストリンに含まれている食物繊維の塊のことを難消化性デキストリンと言います。

原材料名としてはこちらもデキストリンと表示されます。

食物繊維が豊富であることから、便秘解消やダイエット効果が期待されます。

水溶性食物繊維なので水分を含み便が柔らかくなります。

腸が整えられ下痢の改善にも役立ちます。中性脂肪やコレステロール値を押さえ高脂血しょう予防にも役立ちます。

整腸作用もあります。メタボ対策にぜひ摂取してください。

カルシウムや亜鉛・鉄・マグネシウムといったミネラルの吸収率が高まる効果もあります。

そのため疲労回復や脂肪燃焼の促進効果もあり、ダイエットだけでなく美容にも最適です。

デキストリンはどれぐらい摂ればいいの?

自然由来の炭水化物のため適量を摂取すればメリットも大きいものの、炭水化物抜きダイエットや糖質制限が流行っている今、やはり摂りすぎはよくはありません。

逆に太ることになっても困りますし、お腹がゆるくなってしまうケースも報告されています。

1日5から10g程度に抑えておいてください。

とはいえこれはメーカーによる推奨量。

アメリカのFDAは1日にどれだけ摂ってもよいか摂取量の上限を明確に定めなくても大丈夫としており、厚生労働省も安全性の高い食品として認めているのです。

古くからさまざまな食品に使われてきた成分ですからこそ、離乳食にも安心して配合させることができるというわけです。

食物繊維が不足している方・菌活中の方はぜひ服用してください。

精力にはデキストリン

精力剤というとお馴染みの成分である亜鉛

それと一緒に配合されることがあるのがデキストリンです。

とはいえデキストリンはあくまで炭水化物です。カプセルの膜であったり、錠剤のオブラートに含まれていることがほとんどです。

デキストリンを摂ったから精力アップにつながったということはなく直接ホルモンに影響を与えるわけではありません。

とはいえ、亜鉛とセットで配合されることが多いのは亜鉛の吸収率を上げてくれる効果もあるから。

決して精力アップにまったく関係ないとは言い切れないのです。

精力剤の成分表示を見ると聞きなれない名前で不安を感じるかもしれませんが、ただのデンプンなので気にせず亜鉛などの成分と一緒に服用してください。

デキストリンまとめ

さまざまな食品に含まれている成分ですから、気がつかないうちにデキストリンをあなたも服用していないとは限りません。

赤ちゃんのときに離乳食で服用していた場合だってあります。

糖質が含まれている・炭水化物、というとダイエット中の方だと抵抗がある方も多いかもしれませんが、無茶な服用量を続けなければむしろ食物繊維がダイエット効果を高めてくれます。

体脂肪が気になる方・ダイエットを頑張りたいという方・便秘ぎみという方に有効な成分なのです。

サプリメントを利用する場合には、用法用量を守って利用し、その効果を手に入れるようにしましょう。

最近では、難消化性デキストリンに免疫機能があることも分かり、更に注目を集めています。

 

おすすめ精力剤(みんなチェックしているページ)

体験レビュー

精力剤体験レポート

 

ヴィトックスαの体験記事!効果は?飲んで調べてみました!

効果あり!と噂のヴィトックスαですが実際に購入して使ってみました!

クラチャイダムゴールドの体験記事!

勃起力が上がると言われ、飲んでみたクラチャイダムゴールド。実際の効果は・・・

ギムロットαレビュー

最近人気のギムロットα。効果もあると言われたので購入して使ってきました。

-コラム

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.