コラム

精力剤配合の牡蠣の効果効能|精力の成分事典

投稿日:

牡蠣とは

秋から冬にかけてはたくさん美味しいものが出てくる季節です。

そんな秋から冬にかけて店頭に並ぶ美味しいものの一つに牡蠣があります。
カキは貝類の一種で、日本だけではなく、政界中で食用とされているものの一つです。

カキはフライにしても美味しいですし、お鍋に入れても美味しいと、調理方法は実に様々です。

もちろん新鮮なカキであれば生のままで食べることもできます。
他の食材では決して得ることが出来ない濃厚でクリーミーな味わいはクセになります。

牡蠣の働き(効果・効能)

カキは別名海のミルクといわれています。

どうして海のミルクと呼ばれているのかというと、私たちの健康を維持するために有効な成分がカキ一つだけでたくさん摂取することが出来るからです。

具体的に上げればキリがありませんが、まずカキは二日酔いの時に食べると良いとされています。

アルコールは体内に入ると毒物に変化するのですが、カキに含まれている成分にはこの毒物を分解する効果があると言われているのです。

ですからお酒を飲んでいるときにお酒の肴としてカキを食べるようにすると、二日酔いの防止になるのです。

また、カキにはタンパク質と同時に血液を造るために必要不可欠なミネラルも豊富に含まれています。

つまりカキをたくさん食べることで貧血を改善することもできるのです。

牡蠣はどれぐらい摂ればいいの?

そんな栄養たっぷりのカキなので、出来るだけ積極的に摂取しておきたいところです。

ではカキは一日何個くらい食べるのが良いとされているのでしょうか。

カキを食べるのに適した量を知るためにはカキに含まれている亜鉛の量を基準にすると分かりやすいです。

亜鉛の一日の摂取量はだいたい13ミリグラムと定められています。

この13グラムの亜鉛をカキで摂取するためには100グラムの大きさのカキであれば5個食べれば摂取することが出来ます。

つまり一日に5個くらいカキを食べれば摂取量としては十分といえます。

しかし、普段牡蠣を食べる時はついつい美味しくて5個以上平気で食べてしまいがちです。

あまり食べ過ぎるとお腹を壊す原因となるので栄養がたくさんあるからといって食べ過ぎないように注意しましょう。

精力には牡蠣

精力増強にカキが良いとされているのですが、それは先ほど紹介した亜鉛によるところが大きいです。

亜鉛といえば精力増強の成分の代表選手のようなものです。

亜鉛は精子の生成に直接作用する成分なので、まさに精力増強にダイレクトに作用する成分といっても過言ではありません。

海外では亜鉛の事をセックスミネラルと呼んでいるくらい、強力な効果があるミネラルです。

カキは普段私たちが食べる食材の中でも特に亜鉛の含有量が多いので、精力増強にカキを積極的に食べることはとても効果があるのです。

また、亜鉛以外にもカキにはタウリンが含まれています。

タウリンには亜鉛の消費を抑える働きがあります。

精力増強に直接効果がある亜鉛が含まれているうえに亜鉛の消費を抑える働きがあるタウリンまで含まれているカキは精力増強にはもってこいの食材といえるでしょう。

牡蠣まとめ

カキは日本のみならず世界中で食用とされている貝の一種です。

カキには私たちにとって有用な栄養素がふんだんに含まれていることから海のミルクと呼ばれています。

例えば二日酔いの防止にも有効ですし、女性に悩まされている人が多い貧血を改善する効果もあります。

カキに特に豊富に含まれていることで注目されているのが亜鉛です。

亜鉛は精子を造り出す際に直接作用するので、精力増強にとても大きな効果があります。

またカキにはタウリンも含まれており、タウリンは亜鉛の消費を抑制する働きがあります。
このように様々な効果が期待できるカキですが、通常の大きさのものを5個以上食べると食べ過ぎになります。

食べ過ぎるとおなかの調子が悪くなるので注意しましょう。

 

おすすめ精力剤(みんなチェックしているページ)

体験レビュー

精力剤体験レポート

 

ヴィトックスαの体験記事!効果は?飲んで調べてみました!

効果あり!と噂のヴィトックスαですが実際に購入して使ってみました!

クラチャイダムゴールドの体験記事!

勃起力が上がると言われ、飲んでみたクラチャイダムゴールド。実際の効果は・・・

ギムロットαレビュー

最近人気のギムロットα。効果もあると言われたので購入して使ってきました。

-コラム

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.