コラム

田七人参の効果・効能について|精力の成分事典

投稿日:

田七人参とは

田七人参とはウコギ科に分類される植物で、根茎の部分を利用します。

有名な高麗人参と同じ系統になる植物ですが、その性質には大きな違いがあります。

正式には三七人参と呼ばれ、お金と比較できないほどに貴重なために、本場の中国では金不換と呼ばれて珍重されてきました。

高麗人参と比べると歴史は浅く、明代の本草綱目で本格的に紹介されるようになりました。

漢方では補血や止血を目的にして使う伝統があり、精力剤の一種としても愛用されています。

田七人参の働き(効果・効能)

田七人参の働きは、サポニンという成分によって引き出されるのが特徴ですが、他にも有用な栄養分がバランスよく含まれています。

高麗人参は気を補うために珍重されますが、田七人参の場合には強力な補血作用があるのが強みとなります。

漢方で血液を補うことは、体全体の自然治癒力を高めて、生命力も復活させる効果を引き出すために重要です。

不足した血液を強力に補いながらも、止血作用が働くわけですから、非常に不思議な植物です。精力を高めるために、アミノ酸の一種のアルギニンが含まれることも特徴的です。

抗酸化成分としてはポリフェノールの一種も含まれていますから、血管などの老化を防いで、弱ってしまった精力を高める効果も持っています。

田七人参はどれぐらい摂ればいいの?

サプリとして提供されている田七人参は、基本的には健康食品に分類されているため、あまりにも過剰に食べなければ体に悪影響を及ぼすことはありません。

それでも、多くのサプリには1日分の摂取目安量を設定しています。

サプリに配合されている原料によっても違いますが、小さな粒であれば1日に数粒から10粒程度に設定されています。

具体的には、1回には数グラム程度の分量で摂取することが理想です。

原料の状態では扱うことが難しく、摂りすぎてしまう可能性が残りますから、サプリを選ぶことがおすすめです。

信頼できる業者では、安全性の検査も同時に行っていますから、目安の摂取量には根拠があります。

摂取量を守っていても、残留農薬などが残っている場合は問題になるため、最初の段階で注意しなければいけません。

精力には田七人参

精力を高めるために田七人参が良いのは、五臓の一つの肝臓との相性が素晴らしく、血液を補って全身に巡らす働きがあるためです。

漢方の理論では、肝臓には血液を蓄える機能があると考えられているため、肝機能の不調で精力が減退している人にも適していることになります。

漢方では温性に分類されていることもあり、田七人参を食べると体がよく温まり、血流を一段と促進させてくれます。

体が冷えていると、精力やエネルギーを生み出すことが難しくなりますから、田七人参を燃料の代わりとして使う伝統が生まれました。

精力を高める働きは免疫機能にも良い影響を与えて、強靭なスタミナも生み出します。

田七人参は3年から7年までの長い歳月をかけて栽培したものですから、精力の源が凝縮した内容になっています。

田七人参まとめ

田七人参は、高麗人参と同様にウコギ科に分類される植物です。あまりにも貴重で金と同じくらいの価値があるとされることから、本場の中国では金不換と呼ばれています。

有効成分として含まれるのは、サポニンという成分で、血液をサラサラにする効果が期待できます。

漢方では不足した血液を補うために使われることが多く、貴重なスタミナ源として重宝されてきました。

五臓の一つとなる肝臓と調和する性質があることは、漢方の分野で知られてきました。

肝機能を総合的に補いながら、血液を健康にする働きがあるため、精力剤としては最高の部類に入ります。

サプリから摂取する場合には、原料では数グラム程度で摂取しますが、カプセルは10粒程度までに設定されていることが多いです。

 

おすすめ精力剤(みんなチェックしているページ)

体験レビュー

精力剤体験レポート

 

ヴィトックスαの体験記事!効果は?飲んで調べてみました!

効果あり!と噂のヴィトックスαですが実際に購入して使ってみました!

クラチャイダムゴールドの体験記事!

勃起力が上がると言われ、飲んでみたクラチャイダムゴールド。実際の効果は・・・

ギムロットαレビュー

最近人気のギムロットα。効果もあると言われたので購入して使ってきました。

-コラム

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.