コラム

豚睾丸の効果・効能について|精力の成分事典

投稿日:

豚睾丸とは

豚睾丸とは、そのまま豚の睾丸のことです。豚に限らず牛や馬など、ゲテモノ料理が出てくるようなお店で食べたことがある方もいるでしょう。

豚肉として食べる部位だけでなく、耳や足などを含めてあらゆる部分が食材となるわけです。

とはいえ、特殊な部位のため、そのままの姿を手に入れるのは大変ですし、調理法も分からないでしょう。

そのエキスを抽出したものを服用するようにしましょう。

抵抗はあるでしょうが、食することでさまざまな効果効能があります。

豚睾丸の働き(効果・効能)

豚睾丸にはヌクレオプロテイン・プロタミンという2種類のタンパク質と、核酸・DNAとが含まれています。

ヌクレオプロテインの中にもDNA・プロタミンが主成分として入っています。プロタミンの3分の2はアルギニン。男性によい働きを持ちます。

加齢と共に体内の核酸の量は減少していく一方。そのため補ってやりましょう。

魚の白子とその成分は似ているものの、魚と違って季節に関係なく手に入れることができるのがメリットです。

核酸には肌質改善やアルコールの代謝促進機能・老化抑制防止機能があるのです。

そのため、豚睾丸を摂取することで、うつ病の予防や改善・生活習慣病の改善・美肌効果・老化防止効果・悪酔いの防止などさまざまな効果効能があります。

豚睾丸はどれぐらい摂ればいいの?

核酸はすべての生物細胞に含まれる成分です。

それに豚睾丸自体が自然界に存在するものですから副作用のリスクは低いです。

特に1日に何mgまでしか摂取してはならないという明確な目安はいまのところあきらかにされてはいませんが、常識的な範囲での摂取なら問題ないので安心してください。

ただし、核酸の中にはプリン体が多く含まれています。プリン体は尿酸を作り出す元となり、高尿酸血しょう・痛風などが引き起こされる場合もあります。

一般の人々の場合、豚睾丸の摂取方法といえばサプリメントがほとんどでしょう。

そのため、そのサプリメントのパッケージに書かれている用法用量を守るようにして、もしも何らかの副作用が感じられたら使用を中止するようにしましょう。

精力には豚睾丸

中国には「医食同源」という言葉があります。

気になる部位と同じ部分を食べると医学的効果も得られるというのです。

豚睾丸も決してゲテモノ食いというよりは睾丸の機能アップのために利用する方が多いです。

決して迷信と言うわけではありません。精力剤にも使われるアルギニンがたっぷり含まれていますから、性欲の向上や精力アップ・さらにはやる気アップにも効果的なのです。

普段の生活の中では見かけることが少ないかもしれませんが、実は滋養強壮剤・精力増強剤の中に配合されているかもしれません。

豚の睾丸を食べて、自身の睾丸を元気にしてやるのです。

男性ホルモンが活発に分泌されるようになり、精子の数も多くなります。持久力もアップするでしょう。

豚睾丸まとめ

豚の睾丸を食べると言うと抵抗があるでしょうが、昔から男性たちに愛されてきた食材の一つです。

疲れやすいという方・年齢を重ねる中で性機能が低下してきたため精力を向上させたいという方はそのまま食べるのはともかく、その抽出されたエキスの配合されたサプリメントや精力剤などを試してみませんか。

美肌や老化防止にも役に立つため、老若男女を問わずおすすめです。

最近増えているうつ病や生活習慣病の改善のためにもぜひ試してみてください。

やる気も出て美しさもアップ。元気に毎日を過ごすことができます。

ちなみに、馬睾丸にも必須アミノ酸やタンパク質・L-シトルリンなどが豊富に含まれており、ペニス増大効果が期待できます。こちらも試してみるとよいでしょう。

 

おすすめ精力剤(みんなチェックしているページ)

体験レビュー

精力剤体験レポート

 

ヴィトックスαの体験記事!効果は?飲んで調べてみました!

効果あり!と噂のヴィトックスαですが実際に購入して使ってみました!

クラチャイダムゴールドの体験記事!

勃起力が上がると言われ、飲んでみたクラチャイダムゴールド。実際の効果は・・・

ギムロットαレビュー

最近人気のギムロットα。効果もあると言われたので購入して使ってきました。

-コラム

Copyright© 精力剤Now!効果ある性力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.