バイアグラ

個人輸入でのバイアグラ購入の方法と危険性について

投稿日:

バイアグラは日本国内のドラッグストアなどでは販売されておらず、国内で入手しようと思えば病院で処方してもらうしかありません。

保険の適用外なので全額自己負担となり、経済的な負担も大きくなることから個人輸入を利用してバイアグラを海外から購入するという人も少なくありません。

ではバイアグラを個人輸入で購入するにはどうすればいいのか、その危険性と併せて正しく理解しておきましょう。

特に危険性についてはしっかり理解しておかないと、自分の体にトラブルが起きたり、せっかくお金を払って購入したのにまったく効果が感じられないといった事態も考えられます。

バイアグラは決して安易に購入していいものではないので、個人輸入をするなら正規の商品を正規のルートで購入できるように気を付ける必要があります。

個人輸入でバイアグラを購入する方法とは?

個人輸入でバイアグラを購入する場合は、主にネット通販を活用することになります。

通販サイトにアクセスし、そこで販売されているバイアグラを購入する形です。

ネット通販なのでネット環境さえあれば簡単に購入でき、自宅のパソコンやスマホから注文できるので非常に便利な方法です。

通販サイトの使い方に関しても一般的な方法と違いはありません。

過去にネット通販を利用したことがある人はもちろん、初めて利用するという人でも特に問題なく購入できるでしょう。

現在ではさまざまなサイトがバイアグラを取り扱っていますので、使いやすいサイトや値段の安いサイトを見つけるなど、自分に適したところを見つけることも大切です。

特にバイアグラは定期的に購入することも多いので、繰り返し購入するのに適した通販サイトを見つけると手間がかかりません。

本当に個人輸入で購入するべきか考える

冒頭で紹介したように、バイアグラは個人輸入だけでなく国内の病院でも処方してもらえます。

日本国内では25ミリグラムのタイプと、50ミリグラムのタイプの2種類しか認可がおりていないため、海外で販売されている100ミリグラムのタイプは処方してもらえませんが、逆にいうと25ミリグラムか50ミリグラムのタイプで良いなら個人輸入ではなく、病院での処方も入手する方法の1つとなります。

100ミリグラムのタイプを購入したいなら個人輸入しか方法がありませんので選択肢はありませんが、そうでないならバイアグラは個人輸入か病院での処方か、この2択になるわけです。
本当に個人輸入で購入するのがいいのか、それとも病院で処方してもらった方がいいのか、この点は自分自身よく考えるようにしましょう。
病院での処方は医師が状態を確認して出してくれますので、安心感があります。

バイアグラ個人輸入の危険性について

バイアグラの個人輸入自体は簡単で、誰でも手軽に購入できることから非常に便利な方法と言えます。
ですが個人輸入での購入には危険も考えられますので注意しなければいけません。個人輸入で購入したバイアグラを服用することでトラブルになるケースも見受けられますので、どんな危険があるのかを把握しておきましょう。
個人輸入における危険性について紹介します。

正規品ではない、偽造品が販売されていることがある。

高い効果を謳っているが実は有効成分がまったく使われていない、ほとんど使われていないものがある。

製造環境が非常に悪く、医薬品でありながら不衛生な場所で作られている可能性がある。

以上のような危険が考えられます。
どのケースも非常に厄介で、たとえば正規品だと思って偽造品を購入してしまった場合、高い金額を払っているにも関わらず正規品のような品質は期待できません。お金の無駄になってしまうわけです。
効果の無い偽物であればどんなに飲んでも悩みは解消されないですし、製造環境が悪いと体に悪影響が出る可能性も考えられるでしょう。
個人輸入はネット通販を利用するため、現物を直接確認することができません。そのため正規品以外を購入してしまう可能性も高くなるので十分に気を付けましょう。

信頼できるサイトを選ぶ

バイアグラを販売しているサイトはたくさんありますが、その中から信頼できるサイトを見つけることがトラブル回避において重要です。
たとえばサイト内が英語をはじめとした他国の言語で書かれているサイトは避けるべきでしょう。海外には偽造品を販売しているサイトが多いので、リスクが高まります。
日本国内でも個人輸入の代行をしてくれる通販サイトは存在しており、こうしたサイトなら日本語で書かれているので内容も把握しやすく、日本の企業が運営しているので信頼しやすいのが特徴です。
海外のサイトだから絶対にダメ、日本のサイトだから絶対に大丈夫、というわけではありませんが、まずは日本の企業が運営しているサイトを中心に見ていきましょう。

バイアグラの個人輸入では違法購入に注意しよう

バイアグラに限らず医薬品の個人輸入には制限が設けられており、この制限を守らなかった場合は違法行為に該当します。
正しい知識を持っていないと、自分が気付かないうちに違法な行為をしているかもしれないのです。
これはバイアグラを個人輸入で購入する時、とても注意しなければいけない点です。知らなかったでは済まされないので、どんなことが違法になるのか、合法的に個人輸入で購入するにはどうすればいいのか、このあたりについてもしっかり知っておきましょう。

個人の利用が絶対

大事なことは、個人輸入で購入した医薬品は個人でのみ利用するのが絶対条件です。
そもそも個人輸入は個人の利用に限定して許されている行為なので、たとえば自分が購入したバイアグラを友人に譲るというのは違法行為になります。
友人が買い方がわからず困っている時など、代わりに買ってあげようかなと思うかもしれませんが、そんな時も自分で購入するのではなく、友人に購入の仕方を教えるようにしましょう。自分で購入したバイアグラは必ず自分で服用しなければなりません。
また、一度に購入できる量も決まっていて、日本では2ヶ月分までしか購入できません。
長く使うからと半年分、1年分をまとめて購入するとこれも違法行為になるのです。これは事前に知っておかないと何の気なしに大量に購入してしまっても不思議ではありません。やはり正しい知識が求められます。

個人輸入がベストなのかを考える

個人輸入でバイアグラを購入するのは便利な方法で、手軽にバイアグラを入手できるので助かります。
ですがここまでに紹介したように、個人輸入での購入はいくつかのリスクがあるのも事実です。偽造品を掴まされてしまうかもしれません。また違法な購入を知らずにしてしまう可能性もあります。
注意すれば対策できるとは言え、ある程度のリスクを背負ってまで個人輸入でバイアグラを購入するのが良い方法なのか、この点は慎重に検討する必要があるでしょう。
男性にとってEDは非常に大きな悩みになりますが、バイアグラだけが解決方法ではありません。
他の方法で解決を目指す選択肢もあるので、何がベストなのかをしっかり考えましょう。

精力剤という選択肢

EDの問題を解決する方法としては、バイアグラではなく精力剤を利用する方法も考えられます。
精力剤というとなんとなく効果が期待できないと感じる人もいるかもしれませんが、そうとも言えません。
最近の精力剤は質も良くなっていますし、バイアグラにも偽物などが出回っていることがありますから、必ずしもバイアグラの方が良いとはならないのです。バイアグラは副作用のリスクもありますし、精力剤の方が安心して飲めるというのも魅力です。
また精力剤なら日本国内でも入手できるため、わざわざ個人輸入を利用する必要がありません。手軽に入手できて効果も期待できるので、バイアグラではなく精力剤を飲んでみることも検討してみましょう。

個人輸入でのバイアグラ購入には気を付けないといけないことがあります。
違法行為にならないように気を付け、同時に正規品を正しく購入できるように気を付けないといけません。ネットで購入できるなら手軽だろうと考えてしまいますが、実は色々と注意点があり面倒な方法です。
正規品を正しく服用すれば効果も期待できますが、そこまでのハードルが高い方法と言えますので、あえて精力剤を利用して問題解決を目指すのも良い方法となります。

-バイアグラ

Copyright© 精力剤Now!効果ある精力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2018 AllRights Reserved.