バイアグラ

バイアグラの効果時間は?25mg、50mg、ジェネリックの効果時間は?

更新日:

バイアグラ 効果時間

バイアグラを服用した後、効果を感じられるようになるには、どれぐらいの時間が掛かるのでしょうか?

また、バイアグラの効果が持続する時間も気になるところですよね。

バイアグラは25mgのタイプと、50mgのタイプが主になりますがそれぞれの効果時間、持続時間などを把握しておきましょう。

今回はジェネリックタイプのバイアグラの効果時間や持続時間についても一緒に紹介していきます。

バイアグラは正しく服用することが大切で、効果が感じられるまでの時間や持続時間を知らないでいると、効果的に活用することが難しくなります。

必要な時にしっかり効果を感じられるようにするためにも必要な知識で、バイアグラを服用するなら必ず知っておきたい部分です。

25mgのバイアグラの効果時間

バイアグラは一般的に服用してから1時間ほどで効果が感じられるとされています。

服用後、徐々に体の中で溶けて吸収されていき、血中濃度が上昇していきます。

この血中濃度がもっとも高くなるのが服用してから1時間後と言われていて、そこから効果を感じられるようになる形です。

具体的にどのくらいの効果を期待できるのか、これは25mgのタイプか50mgのタイプかでも違いますし、個人差もあるため一概には言えないのですが、いずれにしても服用後1時間経った頃から、徐々に効果を感じられると考えておけばいいでしょう。

持続時間についてですが、血中濃度が最大となる服用後1時間から、2時間は効果が持続すると言われています。

つまり、服用してから1時間後に効果が感じられるようになっていき、その状態が約2時間継続するというイメージです。

その後は徐々に効果が切れていき、最終的に服用から約7時間から8時間ほどで完全に効果が感じられなくなります。

服用するタイミングが重要

上記のことからわかるように、バイアグラは服用した瞬間から効果を期待できるわけではなく、その持続時間も決して長いとは言えません。

期待できる効果が完全になくなるまでは最長8時間ほどと非常に長く思えますが、服用から3時間もすれば徐々に効果は弱くなっていきます。そのため、いつ服用するかが非常に重要なポイントになってきます。

たとえば、性交渉をする直前に服用してしまうと、そこから1時間ほどはほとんど効果が感じられないことになりますので、あまり意味がありません。

逆に性交渉をする何時間も前に服用すると、いざという時に効果が切れているなんてこともあり得ます。

血中濃度が最大になるのがおよそ1時間後ですから、それを目安として適切なタイミングで服用しなければなりません。

早すぎても遅すぎてもダメなので気を付けましょう。

50mgのバイアグラの効果時間

25mgのタイプと比較すれば倍の量になっているわけですから、効果が出るまでの時間や持続時間も大きく変わるのではないか、そう考える人も多いのではないでしょうか。

ですがそれは違います。

 

実はバイアグラの効果時間や持続時間は量ではまったく変わらず、50mgのタイプを服用しても血中濃度が最大になるのは約1時間後で、持続時間はそこから約2時間ほどです。

バイアグラの効果を感じられる時間という意味では、25mgタイプのものも50mgタイプのものも同じなのです。

ただし、量が違えば期待できる効果の高さは変わってくると考えられます。

当然ながら50mgタイプの方が量は多いので、その分期待できる効果も高くなると言えるでしょう。

たとえば最初に25mgのタイプで様子を見てみて、もし不満を感じるようなら50mgのタイプに切り替えてみる、そんな使い方もいいかもしれません。

たくさん飲めばいいわけではない

注意したいのは1度に服用するバイアグラの量です。

単純にたくさん服用すれば効果時間が伸びたり、持続時間が伸びたりするのではないかと考える人もいるようですが、バイアグラを服用する時は絶対に用法用量を守らないといけません。

バイアグラは副作用のリスクもある医薬品で、用法用量を守らないと思わぬトラブルに発展する危険性もあります。

先ほども紹介したように、バイアグラの効果時間や持続時間は量が増えれば伸びるというものではないので、自己判断で服用する量を増やしたりしないようにしましょう。

あくまでも決められた量を服用すること、バイアグラを利用するならこの点に気を付けることが大切です。

自分の体を守って、有効に利用するためにも絶対に忘れないようにしましょう。

バイアグラのジェネリックはどう?

ジェネリック医薬品であるバイアグラは値段が安いという大きな特徴を持っています。

そのため購入しやすいわけですが、効果時間や持続時間には違いがあるのでしょうか。

そもそもジェネリックというのは本来の医薬品とまったく同じ成分を同じ量使って作られるコピーのようなもので、その点での違いはありません。

ただし値段を抑えるために薬の形や飲みやすさなどは変えられていることがほとんどで、この影響によって体の中で溶けるまでの時間が変わる可能性はあります。

つまり、血中濃度が最大になるまでの時間には差が出ることがあると考えておきましょう。

具体的にどのくらいの差が出るのか、これはジェネリックによって違うので、どれぐらい変わるのか断定することはできません。

また持続時間に関しては成分が同じなため、本来のバイアグラと変わらないと考えることができます。

もしジェネリックを利用するなら、実際に服用してみて効果が感じられるまでの時間をチェックしておくのがおすすめです。

ジェネリックでも大丈夫なのか?

多くの人はジェネリックのバイアグラでも同じような効果を期待できるのか、そう不安に感じるのではないでしょうか。

ジェネリックは値段が安くなるため効果も低くなるのでは?と考えることがあっても不思議ではありません。

そこでまずジェネリックと本来のバイアグラの違いや共通点をまとめてみましょう。

  • 使われている成分はまったく同じもの。
  • 薬の形状や飲みやすさなどは違っていることが多い。
  • 血中濃度が最大になるまでの時間は違う可能性がある。
  • 持続時間に関してはほぼ同じと考えられる。

といったところです。

やはりまったく同じものとは言い切れないのですが、使われている成分や持続時間など共通している部分もあります。

ジェネリックだからまったく効果が期待できないというわけではないので、経済的な負担を抑えるためにもあえてジェネリックを選ぶというのも1つの選択肢になるでしょう。

効果時間を知れば効率的にバイアグラを活用できる

バイアグラを服用するからには、いざ性交渉をする時にその効果が最大限に発揮されていないと意味がありません。

せっかく服用しても肝心な時に効果が切れてしまっている、効果が出るまで時間がかかりすぎる、これでは役に立ちません。

服用してからどのくらいで効果を期待できるのか、その効果はどのくらいの時間継続するのか、この点は正確に把握し覚えておかないとバイアグラを活用するのは難しいでしょう。

基本的には性交渉をする1時間前を目安として服用し、もし時間にずれが出るようなら細かく修正していくのが正しい服用の仕方と言えます。

バイアグラの効果は一時的なもの

ここまででもわかるように、バイアグラは服用しても何時間かすればその効果は完全になくなります。

1度服用したら何日も効果が続くとか、勃起力がどんどん改善されていくわけではありません。

そのためEDの人は性交渉の前には毎回バイアグラを服用する必要が出てきます。これはとても面倒ですし、いつまでもバイアグラを購入し続けることになるため、経済的な負担も増えていきます。

そこで精力剤の利用も検討してみましょう。

精力剤の場合、勃起力の改善に期待が持てる成分が使われていることが多く、即効性は期待できないものの体質改善を目指すことが可能です。

体質を改善することで勃起しやすい、勃起した時にその状態が継続しやすい体を目指すことができるわけです。

長い目で見れば精力剤の方が良いこともありますので、どちらを使うかはよく考えるようにしましょう。

 

バイアグラを服用するなら効果時間はとても重要な要素になります。

効果時間を知ることがバイアグラを正しく、有効に利用するためのポイントと言ってもいいでしょう。

またバイアグラではなく精力剤を服用するという選択肢もあり、精力剤なら根本的な問題の解消を目指すことも不可能ではありません。

それぞれ一長一短があり、まったく別なものです。

どちらが合っているかは人それぞれですが、精力剤はサプリメントのようなものなので副作用のリスクも非常に小さく、安心して飲めるという点でも優れています。

 

よく読まれているページ

人気の精力剤はどれだ?

精力剤

 

成分の多いヴィトックスα!効果ありと言われる精力剤を飲んでみた!

評判が高い精力剤を飲んでみました!増大成分配合なので効果が楽しみ!実際の効果は・・・

半額セールのクラチャイダムゴールド!効果があるのか?

今回メーカーから半額セールで商品を購入した精力剤。その効果をご紹介

ギムロットαを体験!本当に効果はあるか?

精力と増大が出来る夢のようなサプリ!そんなサプリを手に入れることが出来たので、飲んでみました!

-バイアグラ

Copyright© 精力剤Now!効果ある精力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2018 AllRights Reserved.