ED

EDの原因とその種類|EDのタイプはいくつもある

更新日:

EDの原因とは?習慣病?精神病?それとも・・・

ED(勃起不全)になぜなるのか、原因をはっきり知っている方は男性でもあまり多くありません。
EDを予防するためにも原因を知ることは大切で、原因がわかればEDになってしまった場合も有効な対策を実行できます。ここではEDの原因について、心理的な影響も含めて詳しく紹介します。

EDの原因と年齢の関係

一般的にEDは年齢を重ねて中高年がなるものと考えている人が多いようです。
たしかに高齢になるほどEDになりやすくなりますが、年齢はそれほど関係ありません。30代や40代でもなる人はいますし、中には10代や20代の若さでEDの症状が出てしまう人もいます。傾向として若い人には少ないだけで、男性なら誰にでもEDになる可能性があると考えるべきでしょう。EDとは男性すべてに関わってくるのです。
ただし、EDの原因はいくつかあるので、年齢によってどんな原因でEDになるのかは分かれてきます。若い世代は精神的なことが原因でEDになるケースが多く、逆に中高年世代は加齢による肉体的なことが原因でEDになるケースが増えます。原因は違いますが出る症状はほぼ同じで、完全に勃起しないこともあれば、勃起しにくい、勃起してもすぐに中折れしてしまう、といった症状が主です。いずれにしても若いからと油断はできず、年齢を重ねればさらにEDにならないよう注意しなければいけません。

EDの原因には何がある?

ではEDの原因について詳しく理解しておきましょう。EDの原因は大きく分けて下記の3つです。

  • 肉体的原因
  • 精神的原因
  • 薬の副作用が原因

肉体的原因は器質性EDと呼ばれ、精神的原因は心因性ED、薬の副作用が原因の場合は薬剤性EDと分類されます。
EDの治療を目指すにあたっては、自分がどのタイプのEDなのかを知ることが大切です。EDの原因によって効果的な治療法や改善策も変わってくるからです。EDの状態を放置すれば思うように勃起できなくなり、硬くて大きなペニスが失われてしまいます。彼女にも彼氏として満足させてあげられなくなりますし、自分自身男性としての自信を失ってしまうでしょう。そもそもEDにならないよう予防するのが理想的ですが、もしEDになってしまったらすぐに治療と改善を行いましょう。そのためにも原因を知り、効果的な対策を実行しなくてはなりません。

EDの原因についてより詳しく知ろう

EDの原因としてもっとも割合が多いのが肉体的原因でしょう。
老化の1種と考えることもできます。肉体的原因はなんらかの理由でペニスへの血流が悪くなることで発症するEDです。ペニスは血液が流れ込むことで勃起する仕組みで、性的興奮を覚えると脳が自然とペニスに血液を送ります。ですが、加齢によって血液の流れが悪くなっていたり、食生活の悪さから血液がドロドロになっていたりするとペニスに血液が流れにくくなり、勃起してもいわゆる半勃ちの状態だったり、短時間ですぐに萎えてしまうようになります。症状がひどくなれば興奮してもまったくペニスが反応しないことも出てきます。
糖尿病や高血圧といった病気が血流を悪くしていることもあり、とにかく血流の悪さが最大の要因です。対策としても血流を良くすることを考えないとならず、健康的な生活を送るよう意識することも大切です。血流さえ改善されればEDの症状も治っていくので、その意味では対策すべきこともはっきりしています。

心因性EDと薬剤性EDについて

心因性EDは精神的なストレスが原因で勃起障害を引き起こします。
たとえば初めてセックスした時に上手くできず、それがトラウマのように強烈に心に残っている、このような状態だと改めてセックスしようとしても嫌な記憶が蘇ってペニスに元気がなくなってしまいます。まさに精神的なことが原因です。脳がペニスに血液を送るのを拒否しているとも言えます。心因性EDの場合、原因となっている精神的なストレスを解消することも大事ですし、同時にペニスに血液が流れるよう対策する必要も出てきます。
薬剤性EDは服用中の薬の副作用でペニスが勃起しなくなるもので、対策も難しくなります。該当する薬を服用しているうちはどうしても副作用が出てしまいますし、かといって病気が完治するまでは服用を止めるのも難しいでしょう。
副作用さえ抑えられればいいのですが、自分の好きなタイミングで服用を止められるわけではないので、治療や対策もしづらいのが特徴です。器質性EDと心因性EDは精力剤を活用することで治療や改善が可能ですが、薬剤性EDについては薬を止める以外の効果的な方法はありません。

器質性EDと心因性EDの治し方

器質性EDと心因性EDの治し方は精力剤を飲むことです。
精力剤にはペニスを元気にするための成分が配合されていて、飲むことで元気なペニスを取り戻せるでしょう。病院で治療するだけが方法ではなく、精力剤を使って自力で克服することも可能なのです。EDの問題を解消するためにも精力剤を上手に、正しく活用しましょう。
精力剤にはED治療薬(勃起薬)と強精剤、そして精力サプリメントの3種類があります。
ED治療薬はバイアグラが有名で、即効性があり服用して数時間もすればペニスがギンギンに硬く逞しくなります。
強精剤も同じく即効性があり、セックスの直前に飲むのがおすすめの使い方です。ただ、ED治療薬も強精剤も効果は一時的で、一定時間だけ血液の流れを良くするなどして勃起力を高めています。根本的な原因を除去するわけではないので、薬の効果が切れればペニスはまたEDの状態に戻ってしまいます。
精力サプリメントは即効性がありませんが、体質を改善することで血流を良くし、男性ホルモンの分泌量を増やします。精力剤では唯一、根本的なEDの治療が行えるのです。即効性がないためEDが完治するまで継続して毎日飲み続ける必要がありますが、上手く効果を発揮してくれれば完治が期待できるので非常に優れています。どうしても今日しっかり勃起させてセックスをしたいというならED治療薬や強精剤が適していますが、EDそのものを治したいなら精力サプリメントがおすすめです。

精力サプリメントの選び方

精力サプリメントは通販をはじめ、コンビニやドラッグストアなどでも買えます。
商品の数も多くどれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。効果的な精力サプリメントを選ぶには成分に注目しましょう。
精力サプリメントによく使われる成分でシトルリンがあるのですが、シトルリンは血管を拡張して血液の流れを良くしてくれます。血流が良くなることで勃起しやすくなり、硬く大きい状態をキープできる仕組みです。非常に重要で優れた成分なので、精力サプリメントを選ぶ時は必ずシトルリンが配合されているかを確認しましょう。シトルリンが入っていない精力サプリメントは期待できないと考えてしまってもいいくらいです。
もう1つ重要な成分がアルギニンで、こちらは男性ホルモンの分泌量を増やしてくれる効果が期待できます。男性ホルモンの量が増えれば男性機能が向上し、ペニスの勃起にも良い影響を与えてくれます。シトルリンと同じくらい大切な成分なので、シトルリンとアルギニンが配合された精力サプリメントを選ぶのが基本です。

年齢に限らず、男性ならEDになるリスクがあります。
自力でEDを克服して元気みなぎるペニスを維持するためにも、原因を知って効果的な対策を実行しましょう。特に精力サプリメントはEDの根本的な治療が可能になるため便利です。

-ED

Copyright© 精力剤Now!効果ある精力剤サプリメントをランキングで紹介 , 2018 AllRights Reserved.